logo
iitomo.net

ひなあられ

雛あられは、四季(春・夏・秋・冬)をあらわす四色に色づけされた、炒った米粒と細かい可愛いおせんべいのようなあられ。菱もちは早春を三色の緑・白・紅の重ねが一般的です。雪の上から若芽が萌え出る春の大地を表し桃の花がほころぶ様子が伺えます。江戸時代ごろまでは、緑と白の二色重ねでした。
雛人形は岩槻の小木人形け
雛人形 選び方け
白酒は魔よけの力のある桃の花と白酒の組み合わせはおめでたい『紅白』の意味が込められているようです。

大変歴史のあるものですから、人形ひとつひとつ、お飾りひとつひとつに深い意味が込められています。ただ可愛い、ただ綺麗と眺めているのももちろん楽しみのひとつですが、意味を知った上で眺めるとこれまた違う感情があります。これだけ歴史の古いもので、それが現代までずっと親しまれている行事となると、それだけ重要であり、必要だということをみんなが感じている証なのでしょう。
岩槻 雛人形け
岩槻 雛人形ひ

雛人形飾りが廃ることなく、これまで続いてきている理由が分かるような気がします。これからも何百年、何千年とずっとずっと伝わっていってほしい文化ですよね。
雛人形 岩槻 口コミひ
雛人形 岩槻 口コミだ
雛人形 岩槻ち
雛人形 岩槻ら
雛人形 岩槻ら
ひな人形ら