屋根の耐震工事

祖父から受け継いだ家をリフォームすることになりました。築86年、さすがにボロボロです(笑)。父は父で小さいながらも家があるので、長男の私が譲り受けることに。。
リフォームは当然初めてなので、何をどうしたらいいか分からず。漠然としたリフォーム計画は困難か?と思いつつもひとまず情報収集。
デザインやメーカーのこと、リフォーム後のこと、費用のこと、想定外に並々ならぬこだわりが出てきてしまい、それに対応してくれる業者選びは時間がかかりました。
我が家は最終的には「人柄」重視で(笑)、リフォーム後を加味した判断をしました。やっぱり無知には変わらないので、頼れる業者だと心持違いますよね。
たくさん調べた結果、どこにお願いするか結構悩んでいたのですが、ちょっと面白い決断をしてみました。先日近くのコンビニで業者の方に偶然にもバッタリ。有り得ないことではないですけど、何かを感じでそこに決めました。
リフォームも無事完了。本当に見違えるほどきれいになりました。業者の提案もドンピシャだったようで、いいリフォームができたと思っています。
新しい環境で(そこまででもない!?)気分は最高です!業者からもいろんな情報を聞いたので、築年数や各耐用年数に合せて見直しをしていかないとです。
そこまでの大掛かりなリフォームでなくても、家のテーマカラーを変えただけで、自分の家じゃないような錯覚を起こすほどにまで変わるんですね。今回のリフォームでそれが一番の驚きでした。
リフォームは建てた当時と今の状態を正しく判断できる業者に任せたいですね。同じような工事でも、使っている材料が家によって違うので経験や知識のある職人さんに頼まないと判断しずらいことも出てくるようです。
大手の会社に頼めば絶対安心なんて思いませんか?でも名前に負けてしまうと失敗することもあるようです。ではリフォームに関しては特に経験があるところを最優先に考えるべきのようです。
様々な箇所のリフォームを見ていて思ったのですが、屋根のリフォームって瓦だけを貼替えるわけではないのですね。雨水は侵入しないための金属板や屋根のてっぺんには棟笠木などが付いています。実はきちんと見ないといけないところが多いようです。
見積りをもう一度よく見てみた方がいいかもしれません。「工事費用 ○○円」、この場合知らない内訳はありませんか?何にどれだけの費用がかかるのか、具体的な見積りをお願いした方がいいと思います。
いま地震が起きたらこの家は耐えられるだろうか。細々としたリフォームの前に、まず耐震補強のリフォームが必要だと思いますが、今回は耐震できませんでした。必ず近々耐震リフォームをして安心したいと思います。


母の発言「IHクッキングヒーターが欲しい!」。60歳になる母のいまの夢だそう。父と揉めに揉めた結果、キッチンをリフォームすることに。(母の勝利!) 情報収集を始めましたが、目移りするばかり。どれも良い!ということは果てしなく進まない雰囲気。3ヶ月も情報収集に時間をかけたのです。 多くの業者を見つけましたが、ひとまず何かが良いと思える業者をピックアップし、とにかく問合せ。こちらがあまりにも無知なので、日々勉強という感じです。 一時は情報の多さにどうなるかと思いましたが、ココだ!と思える業者に頼むことに。探すのに苦労しましたが、それによって長く付き合えるところを見つけられたとホッとしています。 安心できる業者にお願いすることができて、あとは完成を待つのみです。といっても予想外に早く終わるようですが。思ったよりお手軽かも! 最近は悪徳業者なんて言葉を聞くのも少なくないので、大げさにビクビクしながら見つけました。そう無いことかもしれませんが、やっぱり怖いですもん!結果は大丈夫でしたよ、もちろん。 リフォームして正解でした。次はエクステリアか?なんて考えたりもしています。外まわりも大切ですよねー。他にも挙げれば出てきますが、今はエクステリアリフォームで頭がいっぱいです。怒られるかも! 今回のリフォームで学びました。壁紙や天井の色がとても重要だということ。ほんの少しの色の差で、狭い広い、明るい暗いという家全体の印象を変えてしまうのです。今後の参考に・・・。 気になっていた防犯についてですが、今は窓自体を交換するのではなくフィルムを貼るだけというお手軽そうなものもあるんだとか。手軽とは言え、何枚も窓はありますからそれなりに費用は必要だと思いますが、防犯はね、ケチりたくないところだと思いませんか? 見積りを依頼した業者の中で一社だけ極端に安い業者がありました。逆に心配になり、その業者は選択枠から外すことにしました。安すぎるというのも何となく心配になりますよね。。 リフォームをされた方、期間はどうでしたか?工事によって様々でしょうけど、短いのも長いのも問題なのかもしれません。短いと手抜き疑惑、長いと費用に影響が出る。そこの判断も必要かもしれませんね。 見積りをもう一度よく見てみた方がいいかもしれません。「工事費用 ○○円」、この場合知らない内訳はありませんか?何にどれだけの費用がかかるのか、具体的な見積りをお願いした方がいいと思います。 保証書を発行してくれても、アフターフォローをしてくれない会社は意味がありません。本当の保証とは、たとえ担当が代わったとしても自社の工事に対して責任を持ち、アフターを怠らない会社だと思いませんか?